Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

知床旅行「海の天使クリオネ」、衝撃の一面

知床旅行「海の天使クリオネ」、衝撃の一面
この記事をシェアする

羅臼からウトロに行く途中、知床五湖(のうちの一湖だけ)を歩いたり、知床峠に行ったり、知床沖をクルーズしたり・・・

知床半島を満喫した後、ウトロから網走へ行くことにしました。

だいたい車で2時間弱かかります。

その間には、あの有名なオシンコシンの滝も!

道路へも滝の音が聞こえる!大迫力です!!

そして、しばらく車を走らせると「オホーツク流氷館」に到着。

プロジェクションマッピングや、マイナス15度を体感できる部屋があります。

さっそくコートを貸してもらって入ることに。

う〜寒い!

置いてある濡れた布を持って、手で振り回していると段々と凍ってきました!

オホーツクの海に住んでいる生物の展示もあります。

クリオネはやっぱりかわいいな〜。

・・・しかし、クリオネの説明に目が釘付けに!

クリオネの和名は「ハダカカメガイ」!?

裸の亀貝・・・裸の大将的な?(゚Д゚;)

「クリオネ」と全然イメージ違うんですけどっ!

そして館内には、クリオネがエサの巻貝を捕食する写真が展示してありました。

(ちょっと分かりづらい写真だったので、イラストを使います)

頭(に見える部分が)パカっと開いて、6本の触手(バッカルコーン)がエサをつかむんですよね!

そしてエサの養分を吸うという・・・天使どころか吸血鬼じゃないの〜?(@ @;)

でもクリオネは、こういう食事は1年に1回でも生きていけるんだそうです。

あとはバクテリアなどを食べているそうな。

ところで、クリオネの形のグミが売っていたので買ってみました。

なんだか予想外に、クリオネがけっこう大きい・・・

りんご味でおいしいです。

・・・でも、噛みちぎりながら食べている姿がちょっと怖かったぁ。

クリオネがソーダ水で泳いでいるイラスト描きました。

クリオネの違う一面を垣間見ましたが、そんな顔も含め、やっぱりかわいいですね〜。

 

ランキング参加中!Clickお願いします。   にほんブログ村 イラストブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ

家族でお出かけカテゴリの最新記事