Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

止まらない痙攣(けいれん)の原因は、女子がかかりやすいあの病気でした。

止まらない痙攣(けいれん)の原因は、女子がかかりやすいあの病気でした。
この記事をシェアする

久しぶりに会った友人が、舌癌にかかって闘病していたという衝撃的なニュースを聞いたのですが、彼女の大変だった話はそれだけではありませんでした。

それは彼女の次女ちゃんがおむつはずしトレーニングしている頃のこと。

おしっこした次女ちゃんが「ちっちするとお股が痛い」と彼女に言いました。

それを聞いた彼女は、

「小さい子は力加減がわからず、ゴシゴシ強くこすりすぎたのかな?」と思ったそうです。

その後そういうことを言うこともなく、彼女も忘れていたんですが・・・

ある日、突然次女ちゃんがひきつけを起こし、強い痙攣が全く収まりませんでした。

彼女は怖くなり、救急車を呼びました。

そして運び込まれた病院では、また違う病院に転院させられたりして、ようやく診察してもらえたのですが・・・

お医者さんから言われた言葉は意外なものでした。

尿路感染によって、バイ菌が体を周り、その結果痙攣(けいれん)も引き起こされたと言うのです。

そういえば、「ちっちするとお股が痛い」って言っていた!・・・あれは膀胱炎にかかっていたんだ。

膀胱炎は特に女児はかかりやすいですが、まさかこんなに大ごとになるとは!!

次女ちゃんは、なんと1週間も入院することになってしまいました。

でも、特に乳幼児の場合、さっきまで元気だったのに、急に容体が変わることがあるので、親も慌てます。

ただ、その後次女ちゃんは元気に回復したようで良かったです。

そしてその次女ちゃんにはちょっと変わったことがあって・・・。

続きます。

ランキング参加中!Clickお願いします。   にほんブログ村 イラストブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ

自分の体験カテゴリの最新記事