Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

エアコン内部のクリー二ングをしてもらった結果。

エアコン内部のクリー二ングをしてもらった結果。
この記事をシェアする

前回うちで換気扇掃除をクリーニング業者にお願いした投稿をしましたが

リビングのエアコンを見た業者の人に言われた、とても気になる言葉。

実際にエアコンのカバーを開かれて、エアコン内部に黒いものが詰まったのを見てしまいました。

ほら、カビがびっしり。このカビが乾燥した秋になると部屋の内部に撒き散らかされます。

そ、そうなの・・・?

と、結局エアコンの内部の掃除もお願いすることにしました。

数週間後、前回の人とは違う人が来ました。

 

エアコンのカバーを外し、フィルターもはずし、エアコンの周囲をビニールなどで養生していきます。

内部露出!

 

この送風口から中のフィルターを見ると・・・

うおぉぉぉぉ!!((;゚;Д;゚;))

ちなみに、2年前にも内部のお掃除はしてもらっています。

その時はそこまで汚れていなかった気がしたんだけど。

でも今年の夏はほんっとにリビングのエアコンつけっぱなしだったからなぁ・・・。

お掃除業者の人がブラシと高圧洗浄機で内部を洗っていきます。

うわっ!黒いモノがいっぱい出てきたよ・・・。

カビ防止の「内部クリーン」運転もしていましたが、やっぱりカビ生えちゃっていたんですね。

我が家はエアコンは夏しか使わないのですが、このままの状態にしておくと内部のカビが部屋の中に飛散するそうです。

そしてお掃除で出た水が、養生ビニールからバケツの中に溜まっていきました。

エアコンから出てきた汚れ、見ます?

そこにあったのは、ドブのような色の水・・・。(閲覧注意かも↓)

グエッ!

黒い!!!

これカビ?ホコリ?

リビングはキッチンとつながっているので、油汚れなんかも混じっているのかもしれません。

他の部屋もやってもらいました。

寝室はこんな感じ・・・。

汚れているけど、リビングに比べたらマシですね。

心もすっきりしました。

あ、換気扇はキャンペーンで三千円でしたが、エアコンは1台につき一万千円でした。

高いっちゃ高いですが、なかなか内部のお掃除はできないのでしょうがないかなと・・・。

しかも養生などもするので、一台1時間以上時間がかかっていました。

 

もし今年フル稼働だったエアコンがあったら、一度内部を見てみることをおすすめしますが、「見なきゃよかった」と思うかも・・・?

 

自分の体験カテゴリの最新記事