Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

#Me Too 体験を書いてみる。後編

#Me Too 体験を書いてみる。後編

前編からの続きです。
さて到着したホテルのレストランで食事しながら、イラストについて話したりしました。

ちょっとうろ覚えなのですが、「(私のイラストに)ちょうど良さそうな案件があるから使おうか。」
というようなことを言われ、私は内心期待しました。


しかし食事の後にエレベーターに乗ったとき、その社長はとんでもないことを言い出しました!

「この上の部屋、行っちゃおうか。」

は!!!???何言ってんの?
いやいや行きませんよ!


本当にボタンを押しかねない社長・・・。
何こいつ???
こんなこと、イラスト持ってきた子にいきなり言うんだ?

でも角が立つような断り方をしたら、さっきの仕事の話はなくなるかも?

私は社長の良心に訴える作戦に出ました。

「奥様いるんですよね?こんなことしたらきっと悲しみますよ。」

しかし!

社長は全然恥じ入ることも動じることもありませんでした。
・・・そんな言葉でめげるようなら、まずそもそもこんなこと言わないよね!

こいつ・・・やばい奴だ!

私はもう仕事なんかどうなってもいいと、逃げました。

後日・・・このことを事務所に紹介してくれた友人に言いました。
すると・・・

「ああ、またやっちゃったんだ?ごめんね〜。あの人、前もそういうことしてたみたいで・・・。」

どうやらこの社長の被害者は他にもいたようです。
先に言ってくれよ!

その後、私が働いていた職場とそのデザイン事務所は近かったので、その後ランチで外に出た時に偶然会ったりしました。

もちろん、思い切りにらんでやりましたけどね。笑

でもこの一件はかなりショックでした。
芸能界とかでは聞いたことあるけど(それももちろんダメですが!)まさか、デザインとかイラストとかの分野で、そういうことをしてくるおっさんがいるとは!

それこそ「人を見たら泥棒と思え。」くらいの気持ちでいないとダメなの?って思いました。

でももしこの時、女優に訴えられたリュックベッソン監督のように、席を立った時に薬でも盛られていたら・・・?
それを考えるとぞっとします。

しかし悲しいけど、こういう人間が普通の顔してあちらこちらにいるんですよね。
以前働いていた職場のおじさんも、パワハラ・セクハラし放題でしたから・・・。

そしてそういう人たちはけっこうずる賢くて、ちゃんと言い逃れできるように考えていたりするので、被害にあったら細かく記録したり人に相談する、などをしておいた方がいいですね。

もちろん、私の子供たちにはこういった経験は聞かせています!

子供向けアプリ30種類・1500コンテンツが使い放題【dキッズ】 Advertisement
この記事をシェアする

自分の体験カテゴリの最新記事