Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

インフルエンザの予防接種、本当に意味があるの?

インフルエンザの予防接種、本当に意味があるの?

長男がインフルエンザにかかってしまいました。

今週末は幼稚園最後のお遊戯会でしたが、出られないこと決定。

予防接種はしていましたが軽くもなく、40度の熱が続いています。

タミフルも処方はされていますが、イマイチ効いている感じはしませんね・・・。

高熱のせいか、耳の痛みと下痢も続いていてかわいそうです。

ところでインフルエンザの予防接種ですが、4年ほど前、打っていたにもかかわらず、姉妹が相次いでかかってしまい、1週間寝込んでいたことがありました。

その時も全く軽くなく、二人とも寝たきりで冬休みが終わった感じでした。

その時はかかりつけの小児科で受けさせていたので、インフルの診察の時「予防接種受けさせていたんですけどね」と言ったら、先生に「予防接種なんて意味ないんだよ!」と言われて唖然としたことがありました。

子供3人と自分で、合計8000円×3+4000円=28000円くらいかかったのに・・。

(とはいえ、そのときは隔離したせいか、姉妹だけですみました)

その後、予防接種はやめたのですが、その次の年は次女だけ、去年は長男→次女→私とインフルにかかったので、今シーズンはまた接種させたのですが・・・。

今年も思い切りかかってしまって、やはり意味がないのでは・・・とあらためて思いました。

よく、重症化を防ぐためということも聞きますが、重症化を防ぐには、おかしいと思ったら病院へつれていくことじゃないでしょうか?

13歳以下は2回接種なので、一人7000円〜8000円かかっているのに、この結果はどうなんだろう?

・・・と思っていたらなんと!ある病院ではそこで予防接種をして、もしインフルエンザにかかったら返金するということを始めたようです!

びっくりしましたね〜。

そんなことしたら、赤字なんじゃ・・・。

でも、予防接種の金額自体、病院側に下されるときは1000円前後という話も聞いたことがあるので、大丈夫なのかな。

そういう流れ、でもきっと広がらないんでしょうね。

ちなみにこの投稿は2017年2月の投稿ですが、同年12月に追記しました。
以下からが追記です。↓

さて今年の冬は、11月に長男のクラスでインフルエンザによる学級閉鎖が行われました。

10名ほどがインフルにかかってしまったのですが、長男は予防接種していませんでしたがかかりませんでした。

でも学級閉鎖の間に次女から感染性胃腸炎をもらってしまうという・・・!

我が家では今年はインフルの予防接種ではなく、インフルエンザ予防に効果があるというR-1ヨーグルトを続けています。

忘れてしまうこともあるので、1日おきくらいに皆で食べているという感じです。

今後どうなるか・・・。

ただ言えるのは、我が家の場合インフルエンザだけでなく、すべての病気にかかりやすいので免疫力を上げることが重要だと思っています。

そして、今家族で行っている「舌下免疫療法」も、鼻呼吸を促すために、ひいては病気にかかりにくくするために有効なのではと思っています。

今後も、定期的にお伝えしたいと思います。

この記事をシェアする

健康のためにカテゴリの最新記事