Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

でも肝心な時に感動できなかったというオチ。

でも肝心な時に感動できなかったというオチ。

前回の投稿の続きです。

皆が家に来てくれた翌日は、長女の小学校の卒業式でした。

長女は本当に細くて小柄で、ランドセルを背負って学校に行く姿が頼りなげで・・・。
私は長男がお腹にいたので、そんなに動けなかったのですが、クラスでも色々な問題があり、入学直後から驚きの日々でした(いずれこのことは投稿しますが・・)。
    
でも友達もできて、良い先生にもめぐりあって、楽しい小学校生活だったと思います。

だけどいざ卒業となると、その小さな姿が目に浮かんで来て、

やばっ!卒業式は涙腺が崩壊する予感しかしない・・・

と思っていたのですが。

卒業式当日・・・。

その日は東京でも記録的な寒さで、体育館はまるで冷蔵庫でした。

一応ストーブもあるのですが、広〜い体育館に2つほどしかなく、ほぼ意味ありませんでした。

この日、私は最初は別に体調が悪いとは思っていなかったんですが、座っているうちに骨の髄まで寒さが伝わってきて、どんどん寒気がしてきました。

しかも長女の学年は人数が多く、一人一人に卒業証書を渡すためものすごく長い・・・!

正直、感慨にふけるというより「早く終わらないかな・・」とまで思っていました。

歌や見送る5年生や卒業生の言葉などもあり、数時間あったでしょうか。

最後に卒業生と保護者が舞台の上で記念撮影をしました、が・・・。

皆が華々しい装いだというのに、寒気がして私はダウンコートを脱げない!

とにかく顔色も真っ青だったと思います・・・。

写真撮影の後は、各クラスで話しや友達同士で記念撮影などもあるのですが、

私はもう限界・・・(|||_|||;)


「私もう無理。悪寒がするから先に帰るね。」とダンナに言い残し、帰りました。

家に帰って布団にくるまりながら、襲ってくる悪寒と腹痛に

「私、死ぬのかな・・・」なんて言葉まで浮かんできました。

結局私も長男と次女のかかったインフルエンザB型がうつったのでした。
(しかも二人よりかなり症状が重く、1週間くらいお腹は痛いわ下すわでひどかった!)

しかしあの体育館の寒さが引き金になった気がする・・・

で、結局感動どころではなく終わった長女の卒業式ですが、長女自体は本当に珍しいことにこの時はうつらずにすみました。


でもね・・それで結局今年一人だけかかってしまったんですね!

去年インフルA型にかかったので、来年の受験にはインフルにはかからずにすむでしょうか?

でもA型のほうが変異しやすい、とも聞くので、やっぱりなんとか免疫力を上げていくしかないですね!

 

この記事をシェアする

病気・ケガの記録カテゴリの最新記事