Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

巾着にも手提げにもなる、中学生体操着入れの作り方

巾着にも手提げにもなる、中学生体操着入れの作り方
この記事をシェアする

次女の入学準備、今度は体操服入れです。
中学校の体操着入れサイズなので、幼稚園生の体操着入れには少し大きいかもしれません。

プリント生地とデニムの組み合わせですが、お好みでアレンジしてくださいね。

下準備で、あらかじめ水通しとアイロンをかけておきます。
また、一度手順全部目を通して流れを理解した上で、始めてくださいね。

作り方

1、プリント生地を以下の寸法に2枚切ります。

デニム生地は以下の寸法で1枚用意します。

2、柄生地の方を上下2つ折りにします。(下部が開いている)
半分折りにしたら以下の寸法で、ボタン穴(1.2cm穴設定)を4箇所開けます。
この時、生地は重なったままでは縫わないでください。

穴を開けた後に、2枚重ねて上部から2.5cm下を波縫い、そのまた2.5cm下も波縫いします。
これを2枚ともします。

3、2枚の柄生地を、それぞれデニム生地の両端に縫い合わせます。

4、裏返しにし半分折りにして両端を縫い、袋状にします。

5、空いているボタン穴に80cmの紐(やや太め)を以下の図のように通します。
表面に通したら、その紐を同様に裏面に通し、紐の両端を結びます。

2本目は1本目とは逆側から紐を通し、同様に裏面まで通して紐を結びます。

これで完成!
両端から引っ張れば巾着のように締まり、

間から紐をひっぱれば手提げになります。

布の柄を変えるとガラリと雰囲気が変わりますよ!

 

ランキング参加中!Clickお願いします。   にほんブログ村 イラストブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ

ハンドメイドカテゴリの最新記事