Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

Amazonで見つけた、安価で高機能!スマホ連動できる体重・体組成計

Amazonで見つけた、安価で高機能!スマホ連動できる体重・体組成計
この記事をシェアする

寒くなってきたので、衣替えをしました。

でも久しぶりにはいたパンツが・・・きつい!

服って正直ですよね〜。

今年はあまり暑い日が多くなかったので夏バテせず、食欲も落ちませんでした。

代謝が落ちている上に運動不足ですから、気をつけないとすぐ太るんです。

以前はたまに体重を計って自分を戒めていたんですが、体重計の電池が切れて表示されなくて。

そうなると、なんとなく太った気がしていても、ま、いいか・・と思ってしまうんですよね〜。

それからしばらくたって、ようやく電池を入れたんですが、電池切れではなくて壊れていたことに気がつきました!

まあこの体重計は、結婚当初に買ったもので、15年以上は使っていたから寿命だよね・・・。

新たに体重計を買おうと、Amazonで調べてみたんですが、びっくり!

以前持っていた体重計と同じ価格くらい(3,000円くらい)でも、今や体重や体脂肪だけでなく、筋肉量、内臓脂肪、基礎代謝量などまで測れる上に、スマホにその結果を送信してくれるんです。

口コミなどの評価も高かったこちらを購入しました↓(なおかつ、今はもっと安くなっていました!)

届いてから、さっそくUSB充電しました。

以前の体重計は単3乾電池を4本使うタイプだったので、電池切れだといちいち買いにいかなくてはならず、けっこう面倒な上に忘れたりして時間かかっていました。

やっぱり充電できるのは良いですね!

さて、スマホ連動するためにアプリもダウンロードしました。

iphone用↓

Android用↓

アプリを立ち上げ、自分の性別や生年月日、身長を入力します。

そして素足で体重計に乗ると、それだけで体重、BMI、体脂肪率、除脂肪体重、皮下脂肪、内臓脂肪、体水分率、骨格筋、筋肉量、骨量、タンパク質、基礎代謝量、体内年齢の数値が送信されます。

・・・でね、やっぱり最後に計った時より2キロ近く体重が増えていました。

そんな気がしていたものの、やっぱり数値に表されないと切実さがないんですよね。

でも体内年齢が実年齢より4歳も若い!と喜んでいたら、「理想体内年齢は実年齢の2/3です」と書いてありました。

え?・・・ということはあと10歳くらいは若返らないといけないの?

でも一応基準を満たしているようなので、いいかな。

ちなみに「体内年齢」は 体脂肪率や内臓脂肪、基礎代謝などのデータと年齢などを組み合わせて算出されているみたいです。

さて私は、1ヶ月くらいで2キロ減!という目標をたててゆるくダイエットをすることにしました。

面倒なのは続かないので、ただ体重を計りながら、食べる量をコントロールする作戦です。

朝、お弁当のスープジャー用の スープを多めに作り、自分のお昼はそのスープと軽めのご飯にすればバランスも良さそうです。

ちなみにお風呂に入る前に体重を計る時、うっかりスマホを忘れてしまったりしますが、その場合でも体重とBMIは送信されました(それ以外の数値は表示されませんでした)。

でも・・・やっぱり家族と暮らしていると、なかなかダイエットって難しいですね〜。

だって秋冬ってそれでなくても食べ物がおいしいんですよ!

そんな私ですが、よかったら応援お願いします↓

 

ランキング参加中!Clickお願いします。   にほんブログ村 イラストブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ

レビューカテゴリの最新記事