Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

シュノーケリングで目の前にいたのは・・・!

シュノーケリングで目の前にいたのは・・・!

ケアンズには世界最大級のサンゴ礁、グレートバリアリーフがあります。
その大きさはなんと、日本の北海道から九州がすっぽり入るほど!

そのシュノーケリングツアーにも申し込みました。


すぐそばにカラフルな魚がたくさん泳いでいて、ダイビングでなくても十分楽しめる!

夢中になって泳いでいると、至近距離に・・・

鮫が!!!!(((;꒪ꈊ꒪;)))

こっちは完全に無防備な姿!

どうしよう、襲われたら!!!

一気に血の気が引き、慌てて逃げました。

後から調べたら、この鮫はおそらく「White chip shark」別名ネムリブカという鮫で、性格は大人しく人を襲うことはないようです。
しかし知らなかったし、やっぱり目の前にこんな鮫いたらパニックになります・・・。

でもオーストラリア沿岸には180種類の鮫がいるんですって!

さてとうとうシドニーへ移動する日。
ケアンズからシドニーへの国内線へ乗りました。

離陸してから機体が安定した時、CAさんが「こっちへおいで」と手招きするので「何かな?」と思ってついていくと、操縦席に案内してくれました。

操縦席には計器やらモニターやらがたくさん!
初めての操縦席に大興奮しました。

でもこれは20年前の話です・・・。
この頃くらいまではけっこう操縦席に入らせてくれたりしたようなのですが、その後世界的にテロへの脅威が高まって操縦席に一般人を乗せることは難しく(というか禁止?)なったようです。

今思うと、まだのんびりした時代だったのかも・・。

さてシドニーに到着。
ケアンズに比べると大都会です!

といっても、山手線の駅の一つくらいの規模。
そんな規模の街が連続してある東京ってやっぱり大きいんだなーとあらためて思いました。

シドニーは都会といってもやっぱりのんびりしてます。
皆仕事終了時間(5時とか)にはさっさと帰り、仲間と集まって食べたり飲んだり・・・。

そういうところは、今のオーストラリアも変わらないですね。

さてケアンズでもシドニーでも、同じく旅しているバックパッカー同士で友達になったりして出会いが多かったです。

むしろ一人だから友達になりやすいかもしれません。
友達同士で行くと、その中だけで完結するので・・・。

オーストラリアではワーキングホリデー制度があり、働きながらその国に滞在できるので、その制度で来ている人もたくさんいました。

行く前はやはり一人で旅することに不安もありましたが、行ってみたら楽しいことばかりですっかりオーストラリアが好きになりました。

でもこれは、その時出会えた人たちが良い人たちだっただから、ですね。

オーストラリアは治安の悪い国ではないですが、それでも夜歩いたら危険な場所があります。
そしてケアンズではその後、日本人の女性が殺される事件も起こりました。

ただ、治安がいいはずの日本で事件に巻き込まれた外国人の女性もいたのを考えると、どこだって危険性はあるんだと思います。

さてシドニーもとうとう去る日が来てしまいました。
今度はワーキングホリデーで来よう!
と後ろ髪引かれながら、オーストラリアを後にしました。

この記事をシェアする

自分の体験カテゴリの最新記事