Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

バレンタインに「本命チョコで告白」は、昭和の発想らしい。

バレンタインに「本命チョコで告白」は、昭和の発想らしい。
この記事をシェアする

昨日はバレンタインデーでしたね。

我が家の姉妹は、前はよくクッキーやケーキを作って友達にあげていましたが、今年は長女も受験なこともあり、誰にもあげませんでした。

中1の次女に、「誰か学校にチョコ持ってきた?」と聞いたら

「さんざん先生に、学校にチョコレート持ってこないようにって言われてたから、誰も持ってきてる様子なかったよ」と。

「えー、そうなの?でも誰かしら持ってきて本命チョコとかこっそりあげたりしてるんじゃない?」

って言ったら「そんなことしないでしょ。それ、昭和な発想じゃない?」と言われました。

長女も「今までそんな人聞いたことないよ。バレンタインは友チョコの祭典でしょ!」だって。

あの男の子にあげるの〜?とか娘たちとキャーキャー言ったりしたかったな・・・。

しかし今までのバレンタインでそんな話題は出たことなく、今までもらったのもあげたのも、友チョコオンリー。

そういうものなんですかね・・・。

私が中学生の頃は「○○君にあげたい」という友達と、一緒にチョコレートのお菓子を作って、その子の家まで一緒に渡しに行ったけどなぁ・・・。

さて長男が学校から帰ってきて「今日、チョコもらえなかった」というので「誰にもらいたかったの?」と聞いたら、「(よく遊んでいる)A 君だよ〜。」

・・・!?

いや、さすがに男の子同士で友チョコは交換しないでしょ!(しかももらう前提だし)

 

で、昨日は用意しておいたチョコレートを家族に渡しました。

パッケージがかわいくてラズベリーやイチゴのフルーツガナッシュが本当においしい「Jean-François B.(ジャンフランソワ・ベー)」

デパートで色々見ても、やっぱり毎年これ買っている気がする・・・。

食べるのがもったいないようなデコレーションでしたが、子供たちと私が食べて一瞬にしてなくなりました。

ダンナにはシャンパンやワインに合うという「HISTRROIR」チョコレート。

ちょっとお酒が含まれているので、子供にはあげられません。

なので、ダンナはゆっくりと味わって食べています。

しかし今日だけではなく最近、長女は受験のストレスが溜まっているのか、常に甘いものを欲しています。

ニキビが増えてるよ・・・。虫歯になるよ・・・。

という心配もあるんですが、受験シーズン真っ最中の今、食べることしか楽しみがないんですよね。

私立受験は終わって、あとは来週の公立高校の受験。

そしてそのあとはすぐ期末テスト!

せめて、今はおいしいチョコでも食べて頑張ってほしいんです。

 

食べ物カテゴリの最新記事