Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

非常持ち出し袋を点検してみて、ガクゼンとした!

非常持ち出し袋を点検してみて、ガクゼンとした!
この記事をシェアする

最近立て続けに日本各地で災害が起こっていますね。

台風や水害、地震・・・被災地の復興も終わらないうちに、また新たな被災地が出てきます。

以前非常持ち出し袋を作った記憶はあるのですが、我が家も点検することにしました。

いったいどこに入れたっけな〜?

東日本大震災が起きた後は、玄関に置いておいたんですが、邪魔だったのでいつの間にか階段下の物置きに入れていました。

しかもけっこう奥!

これじゃいざという時取り出せないよね・・・。

ようやく見つけて中を見てみました。

中を開けると、非常食としてご飯6パック入りやレトルトカレーがなどが入っていました。

このご飯は保存期間5年とたのもしい・・・。

・・・が!

賞味期限を見たらとっくに切れてる!!!

これ5年保存期間で、その賞味期限から1年以上たっているということは・・・購入したのは今から6年以上前の2011〜2012年。

つまり東日本大震災後に慌てて購入したままだったのか〜。

・・・ということはこの3年保存のカレーも?

しかし日付を見たら、4年しか過ぎていない。

違うタイミングで購入したのかなぁ?

・・・と思ったら長女が

ママー、これ製造年月日じゃなくて、賞味期限から4年過ぎてるんだよ!

どわわわぁぁぁぁ!!_:(´ཀ`」

非常用のサクマ式ドロップスも賞味期限から3年以上過ぎてるよ〜!

(しかしこのドロップは食べられそう。)

さてパンの缶詰もあったんですが、こちらも賞味期限が切れておりました。

だけど、賞味期限から1年・・・。

もったいないな〜と思い、調べてみると、賞味期限切れでも缶が膨張したり錆びていなければ食べられる、と書いてあるじゃないですか。

とりあえず開けてみました。

おお・・見た目はおいしそう。

これはイケるんじゃない?

と私と次女とで食べてみました。

味はおいしい・・・んだけど、なんだかガス臭い気が(酸っぱいような臭い?)

1個半くらい食べて、ガスの臭いがやっぱり気になるのでやめました。
(ちなみに、それから数日たっていますが私も次女もお腹は壊しませんでした。)

でもパンの缶詰って意外と高いんですよね。

そんなには腹持ちしないし、ちょっとガス臭い(賞味期限切れたからかな?)ことを考えると、次買うか迷っちゃいますね。

それにしても、「非常食を用意した」ということだけ覚えていて、いつ購入したのかもすっかり忘れていました。

この機会に非常食を買い直さねば!とAmazonで探しました。

私の基準としては、やはり3年だとすぐに賞味期限が切れてしまうので、5年はほしい。

それと価格・・・できれば送料が無料だと嬉しいなぁ。

そこで見つけたのがこれ↓(またカレーとご飯!)

永谷園 エ-・ラベルあたためなくてもおいしいカレー中辛 10個 

永谷園 エ-・ラベルあたためなくてもおいしいカレー甘口 10個 

 

中辛は1個あたり170円くらいです。

ご飯はやっぱりこちらがいいかなぁ。

備蓄用・保存用米飯 200g 6食 

 

白飯は1食200円くらい。どちらもAmazon prime会員だと送料は無料だそうです。

 

ただご飯の方は、温めるときにはお湯を使うみたいですね・・・(電子レンジでも温まるだろうけど)。

餅好きな長女が「餅がいいんじゃない?」と言うので一緒に探してみました。

備蓄用・保存用切り餅 1kg 

 

これお米と同じシリーズっぽい(5年保存だし)と思ったら、同じ会社(越後製菓)でした。

でも5年もつとはいえ、焼くときはカセットコンロとか必要ですよね。

うちにはありますが、ガスなどは多めに用意しておいた方が良いですね。

水だけで戻せるお餅もありましたが、やや割高です。↓

水にひたすだけでできたてのおもち4種類24枚セット 

 

そしてこれは賞味期限が3年、送料もかかるところがネック。

選ぶとなると、なかなか難しいですよね。

ツイッターで、アレルギー児の非常食について書かれているサイトも見て、なるほどと思いました。
(とてもためになります)

長男が食物アレルギー持ちとはいえ、長男のアレルギー食材(ピーナッツや魚卵など)は非常食にはあまり入っていなさそうなので特には気にしていませんでしたが、小麦や乳製品などにアレルギーがある場合はやはり準備は多めにしておいた方がいいかもしれません。

しかし非常食以外でも今回の検証でわかったことが・・・。

続きは次回に投稿します。

自分の体験カテゴリの最新記事