Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

え、荷物預かりで2万5千円!?空港で驚がくしました。

え、荷物預かりで2万5千円!?空港で驚がくしました。
この記事をシェアする

オーストラリア旅行の出発日、成田空港へ向かいました。
利用する航空会社ごとにターミナルが分かれていて、jetstarは「第3ターミナル」です。
駐車場は第2ターミナルなので、そこからはビルを移動しなくてはいけません。

歩くと15分くらいなんですけど、スーツケースを押しながらだとけっこう大変。
ターミナル間の移動バスに乗れば5分でつきます。

成田空港第3ターミナル
ここはLCC専用のターミナル。天井がむき出しとかすごいローコスト感!

jetstarでチェックインをし、スーツケースを預けようとすると・・・
「どなたも荷物預かりの予約されていないんですけど、スーツケーツ合計34キロで2万5千円お支払いいただきます。」

・・・え!?


そこでようやく私は、予約した「Starter」では機内手荷物7キロ分しか含まれていないことに気がついたんです!で、当日のチェックインでの追加料金が一番高いらしい!
しかし今さらどうにもなりません・・・。

支払いカウンターへ行くと
「預け荷物30キロ+超過1キロ1500円×4の方がお安くなりますので、それで2万3千円となります。」
と、少しだけお安くなりました・・(@ @;)


そして帰りの荷物分を今追加しておくと8,000円ですむと言われ、とりあえず30キロ分追加しておきました。

むむむ・・・あとで確認しましたが、予約の時に預け荷物35キロ分追加しておけば4,400円ですんだのに・・・!

家族に「気がつかなかったの?」と散々言われました。
・・・確かに私の思い違いです。
でも、搭乗者の体重全然違うよ!
長男は20キロ、姉妹は40キロあるかないか・・・。
子供達に荷物分プラスしたって、大きい人2人分いかないんだよ〜!


LCCは大人も子供も同料金。
カンタス航空や日本航空などはスーツケース預けたり、ビデオも自由、機内食や飲み物も含まれているし、12歳以下の子供は子供料金(大人の75%くらい)だし、バーゲンチケットの時なんかはトータルで考えるとそっちの方がお得かも?

とはいえ、我が家は次女ももう12歳で大人料金なので今回jetstarにしたのですが・・・。

もし12歳以下なら、かえってLCCの方が高くつく場合もありますよ。

何はともあれ、荷物を預けて機内に乗りこんだのでした。

●オーストラリア旅行記 〜オーストラリア人と日本人の違い〜
●オーストラリア旅行記 〜色とり鳥?〜

●オーストラリア旅行記 〜みんなコアラが大好き〜

●オーストラリア旅行記 〜色鳥どり?〜

家族でお出かけカテゴリの最新記事