Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

オーストラリア旅行記 〜森の中の「女優はん」?〜

オーストラリア旅行記 〜森の中の「女優はん」?〜
この記事をシェアする

ラミントン国立公園の中のホテル「オレイリーズ レインフォレストリトリート」は、ホテル周辺に森林への遊歩道がいくつもあります。

ところで、私たちが泊まった部屋はテレビもラジオもありませんでした。
(でもテレビがあっても英語がわからないけど)
とはいえ、レンタルwifiがあれば色々できるんですよね。
夜は子供達はipad見たり、ゲームしたり。日本と同じだ!笑

部屋からは大きな空と山々・・・。


朝、皆全然起きないので、私一人でホテル周辺を散歩しました。

私も普段は山登りとかするタイプではないし、子供たちも家でゲームしたりする方が好きなんですが、ここまで来たからには自然を満喫したい!

ホテルをチェックアウトした後は、遊歩道の一つを家族で歩きました。

長女は全身黒づくめの格好!
ピンクと黄色が好きだった少女はどこへ行った?

 

遊歩道では色々な人たちとすれ違いました。
みんな気軽に「Hello!」と声をかけてくれます。

この森林は、約3億年~1億年前に南半球に存在していたとされるゴンドワナ大陸にあったとされる植物も残されているとか・・・。

樹齢何百年?
屋久島に行った時も思ったんですけど、樹齢1000年超の木を見ると、人間の寿命ってあっという間だなとつくづく思います。

    

歩いて1時間くらいで、迫力のある滝まで到着しました。

    

およそ山歩きっぽくない長女でしたが、「女優はん」と家族にからかわれながらも頑張って歩いていました。

普段はなかなか山歩きを家族でしようとはなりませんが、こうやって皆で歩くのも良かったです。
子供達が小さすぎると長距離歩くのは無理だし、かといって成長してくと忙しくなったり、こちらの体力が持たなくなったりと、意外とそういう時期は少ないような気もします。

子供達は往復2万歩くらい歩いていたので、車の中ではぐったりしていましたけどね。

ラミントン国立公園は埼玉県くらいの大きさがあるらしいので、私たちが触れたのは、ほんのさわりだけだったとは思いますが・・・。

家族でお出かけカテゴリの最新記事