Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

「親の心、子知らず」が少しわかった気がした。

「親の心、子知らず」が少しわかった気がした。
この記事をシェアする

もうすぐクリスマスですね。
サンタさんは今は大忙しなんでしょうか・・・。

我が家でも子供たちが、ようやくサンタさん自分の希望のプレゼントを手紙に書いたようです。

ところで、予想外の反応だったプレゼントの思い出です。

3年前、妖怪ウォッチが大好きな長男のお誕生日プレゼントに、アニメの中で出てくる腕時計型のおもちゃをあげることにしました。
    
でもその当時「妖怪ウォッチ」はすごい人気で、新発売の「妖怪ウォッチ零式」は入手困難な状態が続いていました。

ダンナがバンダイのサイトに登録し、抽選にも応募したのですがハズレ・・・。
おもちゃ屋さんや大型電気屋に問い合わせたりしましたが、「いつ入荷するかわかりません」という状態でした。

しかしある日、少し離れた大型おもちゃ屋さんで「妖怪ウォッチ零式」の抽選販売をするという情報を入手!
これを逃してなるものか!と開店30分前にお店へ行くと・・・。

すでに十数人並んでいる!
私が並んだ後もどんどん列が伸びていきました。

そして30分後ようやく開店!
抽選券をもらいました。

抽選発表はすぐにしてくれるわけではなく、1時間後・・・。
それまで店内をブラブラしながら、ひたすら待ちました。

そしていよいよ発表!

無事当たっていました〜!!

・・・念のために言っておくと、当たったのは購入する権利で、プレゼントされるわけではありません。

結局「妖怪ウォッチ零式」と、メダルやメダルを収納するファイルなども買って帰りました。
きっと喜ぶだろうな、と想像しながら。

そして長男のお誕生日。

「お誕生日おめでとう!」

と長男にあげると・・・

「えー、普通の妖怪ウォッチの方が良かった〜」

とか言うではありませんか!

普通のって、前のモデルのという意味です。

・・・え、これ入手するのどんだけ大変だったと思ってる?(´゚Д゚`;)

とはいえ姉たちが「うわ〜、すごい」などと盛り上げたせいもあって、その日はメダルを入れて遊んだりしていました。
しかし・・・

音と光だけのおもちゃに長男は1日で飽き、おもちゃ箱に入れてそのまま・・・。
今に至っています。

まあ子供は正直ですからね(- -)

そういえば、私も、相手の気持ちも何も考えずにこんなこと言っていたな・・・。

少しだけ「親の心、子知らず」という意味がわかったのでした。

思い出・出来事カテゴリの最新記事