Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

次女が学校で「死ね!」と言われた?そのいきさつは・・・。

次女が学校で「死ね!」と言われた?そのいきさつは・・・。
この記事をシェアする

小学校時代、あまりトラブルなく過ごしてきた姉妹ですが、こんな出来事もありました。

それは次女が小学5年生の時のことです。

学校から帰ってきた次女が赤い顔をしながら、

今日「死ね!」って言われた。もう絶対にあいつのこと許さない!

そう言った相手は、同じクラスのV村君だそうで・・どういういきさつがあったのか聞いてみました。(ここからは聞いた話を元にした再現です)

掃除の時間の時にふざけているV村君に、ある女子生徒が遊んでいるV村君に「ちゃんと掃除をしなよ!」と注意をしました。

するとV村君が逆ギレ!その女子生徒に暴言を吐いたんです。

ショックを受け黙り込む女子生徒を見て、次女がV村君に「何その言い方!掃除しないのがいけないんでしょ!」と言い返しました。

すると、V村君が

でしゃばるな!お前なんか死ねよ!

何度も「死ね!死ね!」というV村君に、他の男子生徒が「お前いったい何なんだよ!」と怒りました。

そしてつかみ合いになり・・・

殴りあいになっているところへ、他の生徒が呼びにいった先生が教室にやってきました。(この時担任の先生は出張だったので、違う先生です)

こらー!お前ら何やってんだ!やめろ〜!!

結局その場は「お互い悪い」ということで終わりました。

・・・実はV村君とは幼稚園からずーっと一緒で、ママ友からもたまにV村君が他の子とトラブルになった話を聞いていました。

そして小学校になってからも、やはり次女からもV村君と他の生徒とのもめごとについてはよく聞かされていました。

それにしても・・・「死ね!」なんて。これはひどい!

いくらその場の勢いだったとしても、次女が怒るのはもっともだし、もう話したくないという気持ちもわかる。

関わり合わない方がいいのでは・・・

という気持ちもありましたが、そう言い切れない部分もありました。

やっぱり3歳くらいから知っているからでしょうか。

でもV村君は色々な人とこういうトラブルを繰り返して、先生にもよく注意されているようでした。

続きます。

 

小学校カテゴリの最新記事