Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

ボタンホール縫いを使った、超簡単な巾着袋の作り方

ボタンホール縫いを使った、超簡単な巾着袋の作り方
この記事をシェアする

手抜きで簡単に作れる巾着袋の作り方です。
この巾着袋は従来の方法ではなく、ミシンの「ボタンホール縫い」を利用した作り方です。

生地を軽く水通ししたあとアイロンをかけます。
また布屋さんで切ったままだと模様に沿って平行でない場合があるので、模様に合わせて生地の端をまっすぐに切っておきます。

作り方

1、横62cm、縦35cmの長四角に生地を切ります。

2、生地の上部を最初7ミリ折り返し、その後2cmさらに折り返しアイロンをかけます。

  

3、ミシンの抑えをボタンホール用に変え(ミシンによって違います)、12ミリのボタン穴を設定します。
さっきの布の折り目をいったん開き、2cmの折り目から少し下、端から1.5cmくらいのところにボタンホールのしるしをつけ、ボタンホール縫いをした後、ボタンホールの中をはさみで切ります。

4、ボタン穴を開けたあとまた上部を裏側に折り(2cm)、折った部分の下を直線縫いしていきます。

5、底面と側面を直線縫いと裁ち目かがり縫いをし、閉じます。

6、裏返し、折り目がきれいになるようにアイロンをかけます。

最後にボタン穴から80cmの紐を通して出来上がり!
この巾着は、24cmの少し厚みのあるシューズが収納できます。

Advertisement


ちなみにこれで使った紐は、UFO作りで持ち帰り用にもらったビニールバッグにつけた赤い紐。
うちは家族4人で作ったので、たくさんあったんです。

色もぴったりなので、再利用です!

ハンドメイドカテゴリの最新記事