Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

長男の歯が抜けた!子供の成長、感慨は親ばかり・・・

長男の歯が抜けた!子供の成長、感慨は親ばかり・・・

昨日(2017年3月)長男の歯が初めて抜けました。

もう二週間ほど前からグラグラしていたので、いつ抜けるかと思っていたのですが、意外としぶとく・・・

ダンナが引っこ抜こうとしても長男が痛がってできず。

とはいえ、何かを食べるたびに痛いみたいで、気になってしょうがないみたい。

昨日、とうとう私が抜きました。

抜けてみて思うのですが、本当に乳歯って小さいな〜ということ。

根っこが溶けているからなおさらなんですが、もう米粒みたいです。

これ、テーブルの上に置いておいたりすると、間違って捨ててしまうんですよね。

(というか、過去にありました。)

姉妹は5歳少し過ぎたくらいに抜けたので、長男はちょうど1年くらい遅め。

まあ永久歯はこれからずっと使うので、それくらいでいいような気がしますが・・・。

隣の歯もすぐに抜けそうです。

姉妹はもう全て永久歯。

これから、長男のムズムズ期が続きそうです。

 

 

そして数日後は長男の幼稚園バス通園最後の日でした。

長女入園から10年、その間常にバス通園だったわけではありませんでしたが、やはり朝はバスで行くことが多く、見送りは長い習慣でした。

自分の子供も長女・次女から長男に変わり、一緒に行く幼稚園の友達も、同じバス停のママも移り変わりました。

その長い年月のことを考えると思わず感慨にふけってしまったのですが、長男は「寂しくないよ」とクール。

では、と姉妹に「幼稚園バスに最後に乗った日思い出すでしょ?その時は寂しかったんじゃない?」と聞くと「べっつに〜!全然覚えてない。いったい何年前の話してんの?」くらいの返答でした。

まあ長女は3年しかバス通園していないんですけどね。(でも、習い事を幼稚園で続けていたので、卒園してからも通っていましたが)

でも自分も、卒業とか今までそんなに感動とか寂しさを覚えたことなかったかも・・・。

親になると、なんだか自分の時よりずーっと感動・感激屋になってしまうようです。

それとも、歳をとったせいかしら・・・。

この記事をシェアする

病気・健康カテゴリの最新記事