Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

なぜ?繁華街を裸足で一人歩く幼児!

なぜ?繁華街を裸足で一人歩く幼児!

この前山口県で、家族との行き違いから行方不明になった理稀くん、無事救出されて本当に良かったですね。

行方不明になった時はまだ1歳。

この暑さの中3日間も見つからないと、まさか・・・と思ってしまいましたが、元気な状態で私までホッとしました。

見つけた尾畠さんは東日本大震災でもボランティアをしていたらしく、本当に素晴らしい人!

正直、中高年の人ですごい、尊敬できると思う人がほとんどいなかったのですが、こんな人もいるんだって心洗われました。

でも・・・子供が突然いなくなるって意外とあると思います。

これは1年くらい前、私が一人で買い物に出かけた時のことです。

繁華街の歩道橋を歩いていると、2〜3歳くらいの女の子が歩いていました。

でもなんか不自然・・・?

普通大人と一緒ですが、近くには誰もいなかったんです。

さらに、足元を見ると裸足!

え・・・この子いったいどうしたの!?

すると、その歩道橋脇にあった携帯ショップから慌てて出てくる女性が見えました。

あの人がお母さん?

しかしその人が私の方に向かってきて

あの〜、もしかしてあの女の子のお母さんですか?

と聞くではないですか!

え?違いますけど!

その女性は携帯ショップの店員さんで、あの女の子が一人でフラ〜っと携帯ショップに入ってきて、また一人で出て行ってしまったと言うんです。

迷子?でもなんで靴履いてないの?

とにかくそこは交通量の多い大きな道路もあり、一人にはしておけません。

その携帯ショップ店員さんと女の子を引き止めました。

こんにちは〜。一人なのかな?お母さんはどこ?
お母さんとはぐれちゃったの?

でも女の子は急に話しかけられて驚いたみたいで、必死に手を振りほどこうとしました。

続きます。

Advertisement
この記事をシェアする

自分の体験カテゴリの最新記事