Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

警察官まで来て、周囲の白い視線を感じたその時・・・。

警察官まで来て、周囲の白い視線を感じたその時・・・。

なぜ?繁華街を裸足で一人歩く幼児!の続きです。

さて私たちに「お母さんは?」などと聞かれて道を塞がれ、その女の子は不安になった様子。

おうち帰る〜!

と私たちを振りきろうと必死にもがきました。

でも下は交通量の多い大通り。一人にするわけにはいきません。

小さい女の子でも思い切り暴れるとけっこうな力!こちらも必死です。

するとそこへ、携帯ショップの店員さんが通報したお巡りさんがやってきました。

通報された方ですか?

泣いて暴れている子供に警察官まで来て、周囲から「何事?」という白い視線を感じました。

なんか・・・私が虐待して通報されたみたいじゃない?

携帯ショップの店員さんがいきさつをお巡りさんに説明していると、

みーちゃん(仮名)、こんなところにいて!あなたはもう・・・!!

と言いながら現れた女性が!

え、この人お母さん?

ママー!!

とその女性に駆け寄る女の子。

この子、家から勝手に出ていってしまったんです。探していたんですけど・・すみませんでした!

どうやら近くに住んでいるようですが、そこから一人で鍵開けてきちゃったのかな?

でも裸足で出ていってしまうとは・・・!(@Д@;

とにかく何事もなくて良かったです。

ただ、その女の子の感じからお母さんの言うことを素直に聞くタイプではないな・・・という気がしました。

鍵も開けてしまうとなると、チェーンをいつもかけておくなどするしかないですね。

その後、一応身分証明の照会などの手続きがあるようで、お巡りさんとその母娘は一緒に警察署にいったようでした。

それにしても・・・これくらいの年頃って、今までできなかった(やらなかった)ことを突然したりするんですよね。

この子の場合は家から勝手に出ていってしまったようですが、外でも親から離れない子と、すぐ脱走する子がいます。

脱走系の子供は、振り向いたらいないとか、ふとした瞬間に消えてたりして焦りますよね!

うちの長男も脱走系だったので、本当に気が気じゃありませんでした。

急に飛び出したりしかねないので、その時はハーネスの利用もしました。

ハーネスも、手同士をつないでいるだけのものから、リュック付きのかわいいものもあります。

迷子防止紐 2.5m ハーネス

 

OUYOU 子供リュック ビー型 迷子防止ひも リード付き

SKIP HOP アニマル・ハーネス/オウル

 

私の友達は、母親から「犬みたいだから、絶対にハーネスなんてつけないで!」と言われていたんですが(実際に犬も飼っていた)その男の子は超脱走系(!)で、追いかけるのが本当に大変だったそうです。

もうそうなると、買い物に行っても見るどころじゃないし、ママ友と一緒に公園など行っても追いかけ回すだけで終わります。

手を繋ぐのを嫌がったり、急に振りほどいたり、こちらが会計などの途中ですぐに動けなかったりした時にも・・・もし事故にでもあったら取り返しつかないので、ハーネスも良いと思うんですけどね。

ただ、力が出てくると反動で逆に危なかったりしもしますが。

脱走系の子供の親は、体力も先読み力も必須だなとつくづく思いました。

この記事をシェアする

自分の体験カテゴリの最新記事