Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

「いつのまにこんなに?」子供の「鬼滅の刃」熱が止まりません。

「いつのまにこんなに?」子供の「鬼滅の刃」熱が止まりません。
この記事をシェアする

シリーズ発行部数が累計4000万部突破をし、ブームがまだまだ続いている「鬼滅の刃」。

我が家でも子供たちが大いにハマっています。

最初はAmazon prime videoで次女がアニメを見ていたんですが、どんどんのめり込んでいったある日・・・

コミック全巻買い!

しかし、後から見始めた長女もハマったらしく、コミックのお金は半分出したようです。

(というか、半強制的に次女に徴収されてました。)

色々な企業とのコラボグッズ

こんなに人気があるので、色々な企業も鬼滅の刃コラボキャンペーンをやっています。

ローソンで開催していた、所定のメーカーのお菓子を3点買うと鬼滅の刃のクリアファイルがもらえるキャンペーンの時は、姉妹とも早起きして開店前に並び、大量のお菓子を買ってきました!

お菓子は家族でおいしくいただきました!

その時にもらったファイル、壁に貼ってあります。

ちなみにこのキャンペーンの時は、開店からすぐに品切れになってしまって買えなかったファンから不満が殺到したらしく、2月7日からクリアファイルの予約販売が始まったそうです。

さらにさらに・・・その後も熱は冷めやらず。

姉妹の部屋に行ったら、アクリルスタンドや缶バッジがすっごく増えてる!?

ちなみに長女の推しキャラは、主人公の竈門 炭治郎 (かまど たんじろう)と、その妹の禰豆子 (ねずこ)、

次女の推しキャラは、鬼殺隊の冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)と胡蝶(こちょう)しのぶだそうです。

・・・って、読んでいない人にとってはなんのこっちゃ、という感じだと思うんですが。

長女の炭治郎コーナーには、2頭身の炭治郎がたくさん!

下のポストカードその他は、今「スイーツパラダイス」で開催されている「鬼滅の刃」とのコラボカフェ『KIMETSU CAFÉ in SWEETS PARADISE』で購入したグッズみたいです。

学校帰りに友達とスイパラに行って、コラボグッズを買ったらしいんですが、開けるまで何が出てくるかわからないらしく、お目当てのキャラのグッズがなかなか出てこない!ということもあるみたいですよ〜。

よく考えてるわ・・・。

しかしその場で、他の人と交換したりしているそう。

にしても、まだまだ増えそうですね・・・。

アクリルスタンドやキーホルダーもけっこうするので、もうお年玉かなり使ったんじゃないのかと思うんですが。

何でこんなに人気なのか考えた

私も子供達と一緒に、アニメ・漫画を読みました。

・・・で、けっこうグロかったり残酷だったりする描写が多く出てくるんですよ〜。

鬼に襲われたら、その対象も皆鬼になってしまうのかと思ったので、グロさ残酷さもあいまって「ウォーキング・デッドみたいだな」と思ったんですが、読み進めていくと全然違いました。

人気の鍵としては、多種多様なキャラクターの個性かなと思います。

今まで、「北斗の拳」「ドラゴンボール」「ONE PIACE」など、漫画からヒットしたものは多いですが、「鬼滅の刃」では、女の子の主要キャラクターがすごく多いんです。

しかも、主人公の彼女とかアシスタント的な役割じゃなくて、一緒に戦ったり、助けたりと互角な役割り。

その女の子キャラも、それぞれにみなかわいい。

しかも、絵のタッチが少女漫画っぽいんですよね。

だから、女の子にもブームになったのではと思います。

次女は暇さえあれば絵を描いて、友達にあげています↓

これは、他の人が書いたイラストを模写したみたいです。

 

こちらは漫画の1シーン↓

そして、主人公の炭治郎は真っ直ぐで優しくて強いという、今までのヒーロー像と変わらないんですが、他の男の子キャラも、臆病で女好きなのにいざとなったらすごく強いとか、何かと言うと「猪突猛進」で突っ走るけど、めちゃくちゃ美少年とか・・・

とにかく「主役」「脇役」とあまり差をつけずに、各キャラクターが細かくちゃんと描かれているのが、各キャラにファンがつくという現象を起こしているようです。

しかも、悪役にも鬼になった悲しい過去があったりするんですよね。

なので、大人が見ても面白い。

次女は「全集中展」という、アニメの振り返りと映画へ続く展覧会にも行くようだし、まだまだ我が家の「鬼滅の刃」ブームは続きそうです。

次女がipadで描いたイラスト↓

そしてまた、胡蝶(こちょう)しのぶのグッズが増えそうです・・・。

ランキング参加中!Clickお願いします。   にほんブログ村 イラストブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ

カルチャーカテゴリの最新記事