Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

矯正前と矯正後、こんな風に変わりました。

矯正前と矯正後、こんな風に変わりました。

歯の一つ一つに金具をはめ、毎月調整していくこと約2年間・・・。
長女が6年生になるころには、かなり歯並びが変わりました!

この矯正歯科では矯正前と矯正後の写真を撮っているので、その差が一目瞭然です!

矯正前は歯の向きも高さもバラバラでした。

下の歯の中心もかなりずれていて、生えてきた永久歯が入りきらずに内側に生えていました。

歯が重なっていたので、歯磨きも大変!

2年たって歯がきれいに揃い、内側に生えていた永久歯も収まりました。

なので、歯の金具を取り外せることになりました。

とはいってもそのままだと歯は動きやすいらしく、下の前歯6本は針金1本で固定されていて、寝るときだけ上の歯を固定する「リテーナー」という器具を装着します。

リテーナーはたまに入れ歯洗浄剤で洗わないといけません。

ちなみにリテーナーは専用のケースにいれるようにして、ティッシュに包むとかは絶対にしないほうがいいです。

壊れたり、間違えて捨ててしまったりするので・・・!

そして針金1本になったので、長女には自分で歯を磨くように言いました。

金具がたくさんあった時は難しいけど、さすがにもう大丈夫でしょ?

 

・・・しかし!!!

中学校の歯科検診で持ってきた結果が・・・

まさかの「虫歯あり」!!!!

金具がついていても虫歯にならないようにと思って磨いてきた私の努力は・・・コラー! ( `Д´)ノ

子供にしっかり歯を磨かせるのってすごく難しいですね。
とりあえず虫歯は1本だけだったので治療もすぐ終わりましたが・・・。

子供向けアプリ30種類・1500コンテンツが使い放題【dキッズ】 Advertisement

針金とリテーナーだけになってからは、もう3年近くたっています。

今は半年に1回の検診とクリーニングだけですが、そろそろ終われるかな?

矯正治療は始めるとけっこう長くかかるし、最初の2年間ほどは月1回は調整に通わないといけなかったり、痛みが強かったりもあります。

思春期になると見た目を気にすることもあるので、もし考えているなら小学生のうちに始めるか、それを超えたら自分でちゃんと管理のできる年になるまで待つ方がいいのかな、と思います。

くれぐれも、私のように虫歯だらけにならないように気をつけてくださいね!(^ ^;)


この記事をシェアする

健康のためにカテゴリの最新記事