Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

数十年引きずっている、お義母さんの悔しい思い出。

数十年引きずっている、お義母さんの悔しい思い出。

長女が年長の時、

来年(長女)ちゃん入学ね。私がランドセルお祝いで買ってあげるから決まったら教えてね

とお義母さんが言いました。

荷物が重くなりそうなので「軽いランドセルがいいかな」くらいで特に見たりはしていなかったんですが、お義母さんに

早く決めて購入した方がいいわよ〜。じゃないと良いのがなくなって後悔するかもしれないから

いや、そんなに早くなくならないでしょ。けっこうせっかちなのかな?

しかし、お義母さんには忘れられない過去のトラウマがあったんです。

それはお義母さんの長男であるダンナの、小学校入学前のことです。

お義父さんのお姉さんに

(長男)君のランドセルは私が買ってあげるわね〜

しかし、(お義母さんにとっての)お義姉さんからはその後連絡はなく・・・

いったいいつ買いに行くのかしら?売り切れちゃうわよ

と思いながらも自分からは言い出せなかったお義母さんはジリジリしていました。

その後、やっとお義姉さんが思い出したようで、ランドセルを買いに行くと・・・

申し訳ありませんが牛革のランドセルは全て売り切れてしまいました

え〜!!だから早く買いに行きたかったのに・・・

とショックを受けたお義母さん。

クラリーノなどの人工皮革などはなかったようで、残っていたのはなんと豚革のランドセル!

・・・仕方なくそれを買ったそうです。

ダンナ本人は全然気にしていなかったみたいですが、お義母さんは牛革のランドセルで通わせたかったようです。

相当悔しかったのか、お義母さんに「(長女の)ランドセルは牛革がいいんじゃない?」と言われました。(笑)

今は豚革のランドセルなんてないですからね!むしろ希少価値かも・・・。

ハロウィンT-shirt 販売中です!

3枚以上購入で送料無料です。

この記事をシェアする

自分の体験カテゴリの最新記事