Menuを右にスクロールすると水彩ギャラリー、人気記事、自己紹介ボタンが出ます。

子供がかかる病気、とあなどるなかれ。おたふく風邪は本当に怖い。

子供がかかる病気、とあなどるなかれ。おたふく風邪は本当に怖い。
この記事をシェアする

前回の投稿の最後に、子育て中は、大人も子供からうつされて病気をしやすくなると書きました。

そして、とってもありふれた病気にもかかわらず、すごく恐ろしい症状になってしまった人の話を、私の姉から聞きました。

それは姉が子育て真っ最中だった頃・・・

姉のママ友が、子供がかかったおたふく風邪をうつされたと知りました。

おたふく風邪、大人がかかると大変だって聞くけど、大丈夫かな・・・

そう思いつつ、様子はよくわからず。

そして数日後、久しぶりにママ友に会ったのですが、彼女の姿を見て衝撃を受けました!

彼女の首は、顔と同じくらいの幅になるくらい腫れていました!

実は、おたふく風邪から、深刻な合併症にかかってしまっていたのです。

おたふく風邪は正式には「流行性耳下腺炎」と言い、ムンプスウィルスに感染することで発症します。

実はおたふく風邪から、髄膜炎、膵炎、精巣炎、卵巣炎、難聴など多数の合併症が起きることがあるんです。

このママ友さんは、片耳が聞こえなくなってしまいました。

今の時代であっても、ムンプスウィルスが原因の難聴を治す方法はないそうです。

今さんざん、新型コロナウィルスの特効薬がない!と言われていますが、ウィルス性の風邪(総称)は基本的には特効薬ないんですよね。

(症状を抑える薬のみで、根本的に直す薬はない)

それができたら、ノーベル賞ものだそうです。

予防する方法は予防接種のみ。

この話を姉から聞いた時、私はおたふく風邪にかかったことも、予防接種もしていませんでした。

自治体によっては、補助が出るところもありますが、おたふく風邪の予防接種は定期接種ではない任意接種です。

世界では標準なのになぜ日本はないの?ということで、近々子供の定期接種に入るかもしれないと言われていますが、何年間も変わっていません・・・。

そこまで待っている間にうつったら大変なので、私は子供達と一緒に予防接種を受けました。

でも、この前小児科に行ったら「1回では免疫がつかないこともあるので、2回目も受けさせてくださいね」と言われました。

ちなみにこの病院では、おたふく風邪の予防接種は1回6,000円です。

それが3人・・・(@ @;)

とはいえ、型が変わりやすいインフルエンザと違って、おたふく風邪は免疫がほぼ一生続くと言われています。

いざかかってしまってからじゃ遅い!

この投稿について、貴重なご意見を寄せていただきました。

 

子供はもちろん、不妊や流産の原因もなるおたふく風邪は、かかったことのない大人にもぜひ、予防接種を勧めたいです。

姉が体験した、別の意味で怖い話↓

ランキング参加中!Clickお願いします。   にほんブログ村 イラストブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ

病気・健康カテゴリの最新記事